外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 コーチ人事などをめぐって内部対立が表面化している巨人は18日、渡辺恒雄球団会長(85)を批判した清武英利球団代表(61)を「取締役として適格性を欠くことが明確」として解任したと発表。チーム編成を行うGM職など全ての肩書を外した。巨人は解任理由として、独断で会見を強行し球団内外を混乱させたことなどを挙げた。清武氏は解任を不当とし「私は間違ったことはしていないし、後悔や反省はしていない」と反論。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信