外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球セ・リーグは22日、首位巨人の2年連続35度目(1リーグ時代を含め44度目)の優勝が決まった。2位阪神がヤクルトに6―7で敗れて優勝が決定。巨人は広島に2―1で競り勝ち、2007年から3連覇して以来の2連覇を飾った。今季は1リーグ時代の1941年にマークした球団記録に並ぶ開幕7連勝(1分けを挟む)を飾るなど、春先から快調だった。6月に一時首位を明け渡したが、夏以降は順調に勝ち星を伸ばした。

共同通信