外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 車道に自転車通行誘導帯を設けた岡山市の社会実験で、左側通行させるはずの自転車を係員が誤って右側通行するように誘導し、道路交通法に違反する形で走行させていたことが5日、市への取材で分かった。実験は5~9日の日程で実施。JR岡山駅前にある市道の片側車線の路肩部分に、距離約150メートル、幅1~2メートルの「自転車通行誘導帯」を設置し、通勤・通学時間の午前7~9時と午後3~5時に誘導員を配置していた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信