ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

市民の通話履歴収集、違憲の疑い

 【ワシントン共同】米首都ワシントンの連邦地裁は16日、米情報機関、国家安全保障局(NSA)がテロ対策を目的に行っている一般市民の通話履歴収集について、不当な捜索を禁じた合衆国憲法に違反する疑いがあるとの判断を示した。NSAの情報収集をめぐっては他にも多くの訴訟が起こされているが、AP通信によると、違憲性を指摘した判断は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。