外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は14日、労働政策審議会の部会を開き、希望する従業員全員について、65歳までの継続雇用を企業に義務付けるべきだとする報告書の原案を提示した。年金の支給開始年齢の引き上げに伴い、60歳の定年以降に無収入となる労働者が出ることを防ぐのが狙い。審議会は年内をめどに報告書をまとめる見通しだ。政府は来年の通常国会に高年齢者雇用安定法改正案を提出。2013年度からの実施に向け、早期成立を目指す。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信