外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 学校法人の帝京大(東京都板橋区)の冲永荘一元総長が死亡した際、相続した金融資産約15億円を申告していなかったとして、息子の冲永佳史理事長らが東京国税局の税務調査を受け、過少申告加算税を含め相続税約4億円を追徴課税されていたことが3日、分かった。関係者によると、指摘された資産はリヒテンシュタインの銀行で運用されていた。09年ごろドイツ当局から情報提供があった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信