外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 帝京大病院(東京都板橋区)で入院患者が多剤耐性アシネトバクター菌に感染し死亡した問題で、院内感染を疑う事例を把握した場合は行政に報告するよう要請した通知が内部で周知されず、院長への報告も感染を確認してから2カ月以上たった今年5月だったことが7日、厚生労働省の立ち入り検査で分かった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信