外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本海で急速に発達した低気圧の影響で6日、日本海側を中心に台風並みの暴風が吹き大荒れとなった。各地で転倒などによるけが人や交通機関の乱れが相次いだ。気象庁によると、今後は冬型の気圧配置が強まり寒気も南下するため、北日本(北海道、東北)は7日も暴風雪に警戒が必要。6日に観測された最大瞬間風速は、山形県酒田市の飛島41・3m、北海道・奥尻島37・8m、新潟県佐渡市36・2m、金沢市31・4mなど。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信