外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大規模地震が発生した際の帰宅困難者対策として、JR東日本は18日までに、東京から約30キロ圏にある駅のうち約200を一時滞在場所として乗客らに開放することを決め、ホームページで公開。計約6万人分の飲料水や非常食、毛布などを備蓄した。東日本大震災が発生した2011年3月11日、JR東日本は渋谷や新宿など主要駅のシャッターを閉じたため乗客を追い出す格好となり、乗客は長距離を歩いて帰宅したりした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信