外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県・鬼怒川の大規模水害では、堤防の決壊から丸2日近くたった12日も避難所は冠水による孤立状態が続き、電気や水道などライフライン復旧のめどは立っていない。避難者からは「一刻も早い供給を」との声が相次いでいる。

共同通信