外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県大和郡山市の平城京南方遺跡で、京内を南北に走るメーンストリート「朱雀大路」が、京の南部にある東西方向の大通り「九条大路」で終わり、平城京の範囲が九条までだった可能性を示す溝跡が23日までに見つかった。奈良県立橿原考古学研究所が発掘した。京域は江戸時代以降、九条までとするのが通説だったが、南で「十条」とみられる区画跡が見つかり、十条まで整備されていた可能性が浮上。一部で論争も起きていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信