外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 13日告示、27日投開票の大阪市長選に共産党推薦で立候補を予定していた元共産党大阪市議の渡司考一氏(59)は4日、出馬を取りやめる方針を決めた。同市長選は再選を目指す平松邦夫市長(62)と橋下徹前大阪府知事(42)の一騎打ちになる見通しとなった。渡司氏は取材に対し「私が出馬することで橋下氏が当選し(橋下流の)独裁手法が広まると、全国の皆さんに申し訳ない。平松氏も反独裁を掲げている」と説明。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信