外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 平等院鳳凰堂(京都府宇治市)の本尊阿弥陀如来坐像(国宝)の台座の中から、表と裏に金箔を張った「両面箔糸」が使われた絹織物片が12日までに見つかり、平等院が発表した。13世紀以前のものとみられ、「枕草子」や「栄華物語」などの平安文学に登場する「唐織」や、公家らの装束に使われた「有職織物」を解明する糸口になる可能性があるという。同様の織物が見つかったのは国内3例目。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信