外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 平等院(京都府宇治市)は5日までに、鳳凰堂の扉に描かれた国内最古の大和絵「日想観図」(国宝)を報道陣に公開した。1053年の鳳凰堂建立以来、一般の目に触れるのは初めて。6日から12月14日まで一般公開する。日想観図は、鳳凰堂中堂の西扉左右2面に描かれた大和絵。題材の「日想観」は、極楽往生のための瞑想法の一つ。劣化が激しく、復元図を並べて展示する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信