外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 卓球の全日本選手権最終日は22日、東京体育館で行われ、女子シングルスは16歳9カ月で高校1年の平野美宇(エリートアカデミー)が、決勝で3連覇中の石川佳純(全農)を4―2で破り、史上最年少で優勝した。従来の記録は女子で高校2年だった佐藤利香の17歳1カ月。男子の水谷隼(ビーコン・ラボ)も高校2年で初制覇している。平野は選手権覇者として、5月に開幕する世界選手権個人戦(ドイツ)の代表入りも決まった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信