外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】韓国外交通商省傘下の韓国外交安保研究院は11日、2012年の国際情勢に関する報告書を発表。北朝鮮の新指導者、金正恩氏の新体制は、米韓両国の大統領選と新政権発足などに合わせて、今年後半から来年前半にかけ、長距離弾道ミサイルの発射実験やウラン濃縮型の核実験を行う可能性があると予測した。報告書は、正恩氏にとって「軍の掌握が最大の課題」とし、「冒険主義的な行動に出る恐れがある」と分析。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信