外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は28日、納め続けた公的年金の保険料に対し、生涯でどれだけの給付が受けられるかを世代ごとに試算し、公表。厚生年金では、今年70歳(1945年生まれ)の人は負担した保険料の5・2倍の給付を受け取れる見込みで、2009年の前回試算の4・7倍を上回った。30歳(85年生まれ)以下は前回と同じ2・3倍で、世代間格差が拡大した形。

共同通信