外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 内閣府が11日付で発表した「年金積立金の運用に関する世論調査」によると、長期的、安定的な収益確保を目指す現在の公的年金の運用方針に賛成する人は「どちらかといえば賛成」を含めて計69・4%に上った。「反対」「どちらかといえば反対」は計15・9%。国債など国内債券中心の安全運用に一定の理解が示された形だ。一方、運用結果について計82・5%が「知らなかった」「あまり知らなかった」と答えた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信