外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院厚生労働委員会は14日、本来より2・5%高くなっている年金給付の特例水準を解消し、来年10月分から2015年4月分にかけて3段階で減額する国民年金法改正案を民主、自民、公明3党の賛成多数で可決した。低所得の年金受給者に月最大5千円を支払う「年金生活者支援給付金法案」も可決。2法案は15日の衆院本会議で可決後、参院に送付され、今国会で成立する見通しだ。特例水準による年金過払いは累計約7兆円。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信