外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 気象庁は15日、「地球温暖化予測情報」第8巻を公表した。温暖化が進んだ21世紀末(2076~95年の平均)の日本では、最高気温35度以上の「猛暑日」の年間日数は、20世紀末(1980~99年の平均)に比べて全国平均で7・6日増えると予測した。東京都心では、現在の年間猛暑日数の平年値(1981~2010年の平均)は3・2日。全国の年平均気温は3・0度上昇するという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信