外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 遺族補償年金の受給要件に男女で年齢差があるのは法の下の平等に反し違憲だとして、教諭の妻を公務災害で亡くした堺市の元会社員(66)が年金支給を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(中垣内健治裁判長)は25日、「不合理な差別的扱いで違憲、無効だ」と判断し、地方公務員災害補償基金の不支給決定を取り消した。

共同通信