外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 鬼怒川の堤防が決壊し、大規模水害に襲われた茨城県常総市で、25人だった行方不明者のうち3人と連絡が取れたことが11日、市への取材で分かった。市などは残る22人の安否確認を急ぐ。警察庁によると、一連の大雨による死者は宮城県と栃木県で計3人、負傷者は茨城、埼玉など10県で26人に上った。宮城県で行方不明者1人がおり、常総市と合わせ23人が不明となっている。

共同通信