外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 死刑囚の描いた作品を集めた企画展「極限芸術~死刑囚の表現」が広島県福山市の鞆の津ミュージアムで20日、始まった。和歌山毒物カレー事件の林真須美死刑囚の「国家と殺人」など実名、匿名の37人が制作した約300点を展示。拘置所には通常、絵の具が持ち込めないため、色鉛筆やボールペンなどを使用。元オウム真理教幹部の宮前(旧姓岡崎)一明死刑囚が描いたコラージュ「思惟の慟哭」も展示されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信