外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島市で昨年10月、メイドカフェの客ら6人が死傷した雑居ビル火災を巡り、防火構造の不備の放置が被害を拡大したとして、亡くなった男性会社員=当時(36)=の遺族がカフェの運営会社やビル所有者に約8千万円の損害賠償を求め、近く広島地裁へ提訴することが13日、遺族側への取材で分かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信