外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島の広瀬純外野手(34)が26日の中日4回戦の八回に中前打で出塁し、15打席連続出塁のプロ野球新記録を達成した。これまでの記録は1993年の南渕時高(ロッテ)、2003年の高橋由伸(巨人)、小笠原道大(日本ハム、現巨人)の3人がマークした14打席連続だった。21日の巨人戦の第4打席で放った中前打から始まり、23、25日のヤクルト戦は4四死球と3安打2四死球。この日は4安打で記録を更新した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信