外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ20年目右腕の広島・黒田博樹投手が23日、野茂英雄に次いで日本選手2人目となる日米通算200勝を達成した。マツダスタジアムで行われた阪神17回戦に先発し、7回無失点で今季7勝目、日本通算121勝目。米大リーグでの79勝と合わせて達した。日米通算ではあるが、41歳5カ月で200勝到達は、2008年に42歳11カ月で達成した山本昌に次ぐ年長となった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信