外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島少年院(広島県)で収容者の首を絞めたなどとして、特別公務員暴行陵虐罪に問われ、公判で無罪を主張している元首席専門官向井義被告の弁護側が、取り調べメモの開示を求めたところ、広島地検が「廃棄済みで存在しない」と回答していたことが17日、関係者への取材で分かった。弁護側は同日「一連の行為は、証拠隠滅や虚偽公文書作の疑いがある」として最高検に調査を申し入れた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信