外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 任期満了に伴う広島県知事選は8日投票、即日開票の結果、無所属新人の元通産官僚湯崎英彦氏(44)が、無所属の元県議河井案里氏(36)ら新人4人を破り、初当選を果たした。湯崎氏は民主党県連や連合広島に加え、4期16年で退く藤田雄山知事(60)に近い県議会の自民党系最大会派が支援。国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相や、藤田県政に批判的な別の自民党系会派などが推す河井氏を組織力で上回った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信