外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国のルース駐日大使は13日、共同通信と会見し、今月被爆地広島を訪れて「深く感動した」と強調、その体験を踏まえ、将来のオバマ大統領訪日時の被爆地訪問の是非について、近く大統領本人に自身の見解を伝達したいとの立場を表明した。大使は「最終的には大統領が決断する」とする一方で、「大統領は核軍縮や核不拡散の目標に深く関与している」とも述べ、大統領の被爆地訪問の可能性に含みを持たせた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信