外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島県呉市の山中に高等専修学校の女子生徒(16)の遺体が遺棄された事件で、呉署捜査本部は3日、死体遺棄容疑で逮捕した16~21歳の男女7人が集団暴行の末に殺害したとして、7人を強盗殺人容疑などで再逮捕。男女7人は、女子生徒の元同級生だった広島市東区の無職少女(16)、その知人で広島市中区の少女(16)、鳥取県湯梨浜町の無職瀬戸大平容疑者(21)ら。事件は7月12日、無職少女が自首して発覚した。

共同通信