外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 広島は6日、被爆から65年の「原爆の日」を迎える。平和記念公園では、午前8時から平和記念式典が営まれ、核兵器廃絶を強く訴える国連の潘基文事務総長や、米国からルース駐日大使が初めて参列する。秋葉忠利市長は平和宣言で、「65年前の惨劇を二度と繰り返さないよう、新たな決意の日にしよう」と、初めて広島弁で被爆者のメッセージを伝え「核なき世界」の実現を訴える。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信