外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【アントワープ(ベルギー)共同】体操の世界選手権第6日は5日、ベルギーのアントワープで種目別決勝が行われ、男子床運動で17歳の白井健三(神奈川・岸根高)が16・000点、男子あん馬で24歳の亀山耕平(徳洲会)が15・833点を出し、ともに金メダルを獲得した。初出場の2人は白井が五輪、世界選手権で日本史上最年少の金メダル。亀山があん馬で2003年大会の鹿島丈博以来2人目の世界王者となった。

共同通信