外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 種目別決勝を行い、男子床運動で2013、15年世界選手権王者の優勝候補、白井健三(日体大)は「シライ2(前方伸身宙返り3回ひねり)」などで失敗が続き、15・366点の4位でメダルすら逃した。前回ロンドン五輪銀メダルの内村航平(コナミスポーツ)は15・241点で5位。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信