外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党の樽床伸二幹事長代行が衆院選挙制度改革協議会の座長として15日の会合で示す「私案」の全容が14日、判明した。小選挙区定数の「0増5減」と比例代表定数の80削減に加え、抜本的な制度改革までの緊急措置として一部連用制の導入案を明記した。公明党などが現行の小選挙区比例代表並立制の弊害を訴えて連用制導入を主張していることに配慮した形だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信