外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府と東京電力でつくる廃炉対策推進会議は10日、福島第1原発の廃炉に向けた工程表について、1~3号機の溶けた核燃料の取り出しを従来計画の2021年末から最大1年半前倒しし、最速で20年6月ごろに開始する改定案を公表した。作業の効率化や遠隔化で工程を短縮するとしている。ただ廃炉に向けた作業は、相次ぐ汚染水漏れなどのトラブルで、難易度の高い溶融燃料の取り出しが計画通り進むかは、依然不透明だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信