外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】原発の運転期間を制限する問題をめぐり、細野豪志原発事故担当相は18日、訪問先の米ワシントンで記者団に対し、運転期間40年で原則廃炉にする考えをあらためて強調した。政府は17日、例外的に運転期間を20年延長し、最長60年とする規制方針を発表。例外規定が抜け道になる懸念が出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信