ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

建築家の大谷幸夫さんが死去

 国立京都国際会館や沖縄コンベンションセンターなどの設計で知られる建築家で東大名誉教授の大谷幸夫(おおたに・さちお)さんが2日午後0時10分、肺炎のため東京都杉並区の自宅で死去したことが9日、分かった。88歳。東京都出身。葬儀・告別式は親族で行い、後日、お別れの会を開く予定。喪主は長女大山充子さん。1946年に東大建築学科を卒業後、丹下健三研究室に入り、広島平和記念公園などの設計に参加した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。