外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 1999年の山口県光市母子殺害事件で、殺人や強姦致死罪などに問われ、3月に死刑が確定した大月孝行死刑囚(31)の弁護団が29日、広島高裁に再審請求した。弁護団は「実母の虐待によって精神的発達が妨げられた」とする新たな精神鑑定結果などを新証拠として提出した。また「被害者の首を手で絞めて殺害した」と確定判決が認定した行為と、遺体の所見が一致しない、としている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信