ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

引き取り手ない遺体の解剖で議論

 親族などと関係が薄く、引き取り手が見つからない遺体を本人の同意がないまま医学生の解剖実習に使うことの是非などについて議論するため、献体運動を進める「篤志解剖全国連合会」が大学の解剖学教授らを集めて29日、新潟市で研修会を開く。連合会によると、孤独死の増加や葬儀費用が節約できるという理由で献体を申し出る人がいることなどが背景にあり、倫理面を話し合う。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。