外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 強い台風14号は29日、記録的豪雨に見舞われたばかりの奄美近海を通過、風速25m以上の暴風域を伴ったまま日本の南海上を北上した。気象庁によると、30日に紀伊半島―関東の太平洋側に接近、北寄りの進路をたどれば上陸の恐れもある。上陸すれば同庁が1951年に統計を開始して以降、2番目の遅さ。これまで最も遅い上陸は、90年11月30日に和歌山県に上陸した28号。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信