外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】トルコのエルドアン首相は11日、同国領空を飛行中に強制着陸させたシリアの旅客機の積み荷に「機材や弾薬」があったと述べ「調査を継続し、必要な措置を取る」と強調。アナトリア通信などが伝えた。首相は「機材や弾薬」の詳細を明らかにしなかったが、ロシア当局がシリア国防省に送ったものだと指摘。軍事物資の輸送を否定しているロシア、シリア両政府と真っ向から対立しており、緊張がさらに高まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信