外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 上場の見込みが薄い未公開株の購入を持ち掛けて現金をだまし取ったとして、詐欺罪で強制起訴された投資会社社長白上敏広被告(60)=沖縄県南城市=の判決で、那覇地裁の鈴木秀行裁判長は14日、無罪を言い渡した。求刑は懲役7年。2009年5月に導入された強制起訴制度による被告への判決は全国初。強制起訴された被告では、政治資金規正法違反の罪に問われた民主党元代表小沢一郎被告の東京地裁判決は4月下旬の予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信