外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 飲食店で女性従業員の頬に拳を押しつけたとして、検察審査会の議決に基づき、暴行罪で強制起訴された徳島県石井町長の河野俊明被告(68)に、徳島地裁(佐藤晋一郎裁判長)は8日、科料9千円の判決を言い渡した。求刑は罰金20万円。2009年5月の強制起訴制度導入後、対象となった7事件のうち一審判決は3件目で、有罪判決は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信