外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】第2次大戦中の強制連行の被害者と遺族でつくる中国の団体代表らが3日、北京市で記者会見し、三菱マテリアルが表明した「謝罪」と被害者1人当たり10万元(約200万円)を基金方式で支払うことを柱とした和解案を受け入れると表明した。この団体は被害者の計4グループのうちの一つで、正式表明したのは初めて。

共同通信