外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本上空に流れ込んでいた強い寒気は18日夜に東へ通過、発達した低気圧や強い冬型の気圧配置による強風や大雪などはピークを過ぎた。ただ、日本海側を中心に19日まで影響が残る場合もあり、気象庁は今後も大雪や高波へ警戒が必要としている。

共同通信