外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年11月に世界で初めて彗星に着陸した欧州宇宙機関(ESA)の小型機フィラエの観測で、彗星の内部はスポンジのようにすかすかであることが分かった。着陸時に予定外のバウンドをしたことで、表面の新たなデータも得られた。31日付の米サイエンス誌が特集し、研究チームの論文7本を掲載した。

共同通信