外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米経済誌フォーブスは4日までに「世界で最も影響力のある人物」68組のランキングを発表し、トップに中国の胡錦濤国家主席を選んだ。昨年首位だったオバマ米大統領は2位に転落した。同誌は、中国が今年日本を抜いて世界第2位の経済大国になることなどで胡主席の影響力が上がった半面、オバマ大統領は米中間選挙での敗北などで影響力を落としたと指摘している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信