外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 認可保育所へ入所を待つ待機児童が、今年4月現在、全国で2万5556人となり、前年同月と比べ719人減ったことが4日、厚生労働省の集計で分かった。減少は4年ぶり。保育所の定員は少子化対策が強化された1990年以降で最大の増加だったが、待機児童の改善はわずかだった。保育所の定員は4万6千人増え220万4千人。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信