外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 JR西日本は15日、高松・出雲市発東京行きの上り寝台特急サンライズ瀬戸・出雲(14両編成)が12日午後11時35分ごろ、JR山陽線の網干(兵庫県姫路市)-はりま勝原(同)間で、線路工事のため時速45キロで徐行すべき区間(直線約295メートル)を時速約100キロで走行したと発表した。線路上や周辺には保守作業員約30人がいたが、列車の接近に気付き避難。乗客約220人にもけがはなかった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信