外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火で1日、長野県警などが山頂付近で心肺停止状態となっていた登山者ら35人を麓へ搬送し、全員の死亡を確認した。前日までに死亡確認した12人と合わせ、犠牲者は47人に上った。国内の火山災害では、43人が犠牲となった1991年の雲仙・普賢岳(長崎県)を上回り、戦後最悪となった。

共同通信